冬山の服装・装備品

寒い冬季の登山ウェアは、登る山の高度によっても変わりますが、「長袖のアンダーウェア(ベースレイヤー)+防寒着のミドルレイヤー(ダウンやフリース)+防風のアウター(シェル)」の三層構造のレイヤリングが基本になります。ただ必ず3枚だけでまとめなければならないという訳ではなくて、実際にはアンダーウェアの上に厚手の長袖シャツを着て重ね着をしたり、暑くなって来れば、ミドルレイヤーを脱いで行動した方が冷えた汗による体温低下を防ぐ事ができます。いずれにしても氷点下のなかで強風・雪から体を守る服装選びが大切です。

 

ベースレイヤー

速乾性の高い素材で予想される気温に応じて保温性があるものを選びます。予備の1枚もあった方が良いでしょう。

 


ミドルレイヤー

保温性のある厚手のシャツ、フリースや薄手のダウンなど気象条件や運動量に合わせて選びます。

 


アウター(シェル)

厳冬期の冬山で身を守るためにアウターは欠かせません。防風暴雨性に優れ蒸れを逃し、頭部まですっぽり覆うハードシェルとストレッチ性を高めたソフトシェルがあります。

気温が高めであればレインウェアーでも代用できます。特にパンツは代用する場合が多くあります。

 


帽子

温かい帽子で頭部からの放熱を防ぎましょう。低温下では、バラクラバがおすすめ。

ヘルメットが必要な場合もあります。

 

グローブ

凍傷になりやすい手を守るグローブは必携。濡れや紛失に備えてスペアも準備しましょう。

 

防寒着

休憩時や低温下での行動は、保温が大事。軽量でコンパクトに持ち運べるインシュレーションを準備しましょう。

 

アイウエア

直射日光や、雪面からの照り返しによる目へのダメージを防ぎます。

 

フットウェア&スノーギア

雪山には、保温性のあるブーツ、固く凍った地面を歩くためにはアイゼンが必要です。使用するブーツでのフィッティングを必ず事前に行いましょう。また膝より深く積雪がある場合はスノーシューが必携です。

 




バックパック

防寒着や予備のウエア、緊急用品など荷物が多くなるため、ひとまわり大きなサイズを用意しましょう。

 


トレッキングポール(スノーバスケット付)